So-net無料ブログ作成
検索選択

タナカワークス S&W M29 8.375Inch (HW・モデルガン) カウンターボアード トラヴィスモデル ブルーイングフィニッシュ+アルタモント S&W アニバーサリーグリップ (Nフレーム) [ミリタリー]

からし蓮根って揚げるんだ・・・。

» M29 8.375 Inch のマットブラックはこちら
» M29 8.375 Inch のハンドメイドポリッシュ仕上げはこちら
» M29 6.5 Inch のスチールジュピターフィニッシュはこちら
» M629 7.5 Inch はこちら

タナカワークス S&W M29 8.375Inch (HW・モデルガン) カウンターボアード トラヴィスモデル ブルーイングフィニッシュ

お待たせしました。ブルーイングってすっごい時間が掛かりますね・・・。
今回とりあえず用意したのは、

手順は説明書も付いていたのですが、親戚のオジさんを参考に、
都合の良い所だけミックスさせてこんな感じに。

  1. パーツをバラす
  2. #400 → #600 → #1000 → #1500 → #2000 とポリッシュする
  3. 貴金属磨きで磨く
  4. 泡のチカラで洗う (お湯)
  5. ココでゴム手袋装着
  6. シャイニー 脱脂剤で洗う (お湯)
  7. 「シャイニーブルー HW用:お湯」を「1:3~4」くらいでドブ漬け
  8. パーツを沈める(15秒くらい) → 水洗い → ティッシュで水気を叩く → エアコンで乾燥
  9. スポンジでひたすら擦る
  10. 8~9 を 4回繰り返す
  11. 5回目は1時間くらい漬ける (エースチョンバット・メンテナンスインフィニティやってた)
  12. 水洗いをして、ティッシュで水気を叩いてエアコンで乾燥
  13. 貴金属磨きで磨く (ここでどれくらい強く磨くかでどこまで鏡面にさせるかを決める)
  14. シリコンオイルに一日漬ける
  15. シリコンオイルをティッシュで拭いて、貴金属磨きで仕上げ

途中の工程で(12くらい)、茶色くなったりで失敗したかなと思いましたが、
13~14 あたりのエクストリームがスゴイ。素晴らしい仕上げで何よりになりました。

DSCN6338.jpg
DSCN6340.jpg
DSCN6342.jpg
DSCN6344.jpg
DSCN6345.jpg
DSCN6349.jpg
DSCN6351.jpg
DSCN6353.jpg
DSCN6355.jpg
DSCN6358.jpg
DSCN6359.jpg
DSCN6361.jpg
DSCN6364.jpg
DSCN6365.jpg
DSCN6369.jpg
DSCN6372.jpg
DSCN6382.jpg

アルタモント S&W アニバーサリーグリップ (Nフレーム)

エングレーブ加工が木目と相まって鮮やか。
驚いたことにグリッピングがガバメントっぽく薄い作りなので、Nフレームなのに
ガッツリ握れます。(逆に太いのが好きな人には受け付けないかなと)
グリップ底面の彫込もイイ感じ。エッジが立っていて素晴らしい。

DSCN6376.jpg
DSCN6377.jpg
DSCN6380.jpg

さぁお次はシリーズ70・ゴールドカップ・ナショナルマッチの木製グリップを探しに行きましょうか。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。