So-net無料ブログ作成
検索選択

タナカワークス S&W M629 Performance Center Comp Hunter 7.5 Inch (ABS・ペガサスガスガン) [ミリタリー]

好きなリボルバーのトップ5 はこやつです。

» M29 6.5 Inch のスチールジュピターフィニッシュはこちら
» M29 8.375 Inch のマットブラックはこちら
» M29 8.375 Inch のハンドメイドポリッシュ仕上げはこちら
» M29 8.375 Inch のブルーイングフィニッシュはこちら

タナカワークス S&W M629 Performance Center Comp Hunter 7.5 Inch (ABS・ペガサスガスガン)

こちらは箱出しからクロスで 2~3回ほど+キクブライトで磨きを掛けています。
グリップはパックマイヤーSN-G、フィンガーチャネルでバックストラップが隠れるタイプ。

DSCN6573.jpg
DSCN6576.jpg
( ゚Д゚)ウヒョー

刻印まわり

現行モデルでは“PERFORMANCE CENTER”と“44 MAGNUM”が左右で逆なのですが、
これはタナカさんは旧モデルをモデルアップしたからなのかな?

DSCN6579.jpg
PERFORMANCE CENTER
DSCN6581.jpg
ロゴマークはきちんと PERFORMANCE CENTER タイプです。
DSCN6585.jpg
44 MAGNUM
DSCN6587.jpg
TANAKA ASGK
DSCN6589.jpg
ヨークの裏には MOD.29
DSCN6590.jpg
カートは R-P 44 REM MAG (地肌ではないのですが薄くなんか処理されているような)

ディテールアップ

DSCN6592.jpg
ヨークの裏がこれまでのタナカ製品で最も汚かったので地肌を露出させたら赤くなった・・・なんぞこれ
DSCN6594.jpg
ハンマーはワイドハンマー
DSCN6596.jpg
トリガーはスムースタイプ、裏側にゴム製のストッパーが付いてます。
DSCN6598.jpg
サイドプレートの仕上げも最悪だったのでなんとかがんばりましたがまだ曇っていますね・・・。
DSCN6601.jpg
ちなみにこっちは M60 Ver.2。少し磨いたくらいで鏡面に。
DSCN6603.jpg
パフォーマンスセンターのサムピース
DSCN6604.jpg
シリンダーとサムピースのあいだにガッツリこすり傷
DSCN6608.jpg
フロントサイトは金属製でレッドインサート入っています・・・が、仕上げが汚い&背が低い
DSCN6609.jpg
マズルブレーキの先端はパーティングライン未処理
DSCN6611.jpg
エグレはイイ感じ

ハンマー/トリガー/サムピースだけなぜかマットシルバーだったり、サムピースとシリンダーの
間にガッツリ傷、サイドプレートはバリだらけ&メッキが曇っていたりと、お世辞にも仕上げが良いとは
言えない。去年の暮あたりになんの告知もなしに、小ロットで再販されたっぽいのですが、もしかして
傷物とか余り物パーツで組みました感が拭えない(-_-;)
でもフレームの刻印が最近の太めのに変わっているので、最近になって生産したのなのかな・・・。
モデルガンのときは、もう 2~3千円高くして良いので、チャンと仕上げて欲しい。
ぁ、その時は、

  • 現行モデルと同じく刻印を逆に
  • バレルシュラウドを肉抜きに
  • フロントサイトを大きく
  • ストライカーをフレーム内蔵式のタイプに
  • ハンマーのハンドル部分を三角に
  • シリンダーの面取り
  • マズルのパーティングライン消す
  • キーロックを追加
  • マウントベースを追加
  • S&W 純正グリップが無加工でつくように

して欲しい。

ステンレスリボルバーで共演

DSCN6613.jpg
DSCN6620.jpg
DSCN6621.jpg
左から Nフレーム(M629 7.5Inch)/Kフレーム(M66 2.5Inch)/Jフレーム(M60 2Inch)
DSCN6624.jpg
ラストは M29ブルーイングフィニッシュとー。

さて、ゲボスケと TNバレルを買って来て、パフォセンらしく精度を高めますかな・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タナカワークス S&W M60 2Inch Ver.2 (ABS・ペガサスガスガン) [ミリタリー]

どうしよう・・・リボルバーが欲しい病が治りそうもない・・・。

タナカワークス S&W M60 2Inch Ver.2 (ABS・ペガサスガスガン)

箱出しからクロスで 2~3回ほど磨きを掛けています。
グリップはパックマイヤーSJ-G、フィンガーチャネルでバックストラップが隠れるタイプ。

DSCN6544.JPG
DSCN6546.JPG
DSCN6568.JPG
遠目からは美しい限り

刻印まわり

DSCN6548.JPG
SMITH & WESSON (バレルにはライフリングもあります)
DSCN6549.JPG
TRADE MARK 部分は少し隠れちゃっていますが REG.U.S PAT.OFF. です(トリガーはセレーション)
DSCN6552.JPG
.38 S.&W SPL.
DSCN6554.JPG
ココは TANAKA ASGK
DSCN6556.JPG
ヨークの裏には MOD.36
DSCN6557.JPG
R-P 38 SPL (カートリッジ部分にもメッキが掛けられていて、シリンダーの覗き込みはソコソコ)

ディテールアップ

DSCN6559.JPG
タナカのステンレスモデルは何故かヨークの裏がいつもヒドイ。
DSCN6562.JPG
ブツブツ多数
DSCN6563.JPG
パーティングラインはそのままでもガマンできますが、この痕は処理して欲しいなあー
DSCN6565.JPG
ハンマーはキレイにメッキが掛けられています。
DSCN6570.JPG
サイドプレートの上部にもブツブツ

もう少し何とかなりませんかね・・・。

動作面はかなり優秀で、しっかりとシリンダが先にロックされます。
射撃性能はもうこのサイズかつリボルバーなのでみていません・・・。
発射音はわりと明るめに高く出るのでおもちゃっぽくなくて良い感じです。

このサイズなので、ABS でも軽さはあまり感じられず。
ぁ、パックマイヤーのグリップに鉄板が入っている恩恵かも。

前述のとおり、ブラック系のモデルと差が激しすぎてどうにも。
やっぱりメッキを掛けるのは大変なのかしらね。

ラストは M36(ブルーイングフィニッシュ) と一緒に

DSCN6571.JPG

ぁ、そうそう。来月に刻印を Made in USA にして Ver. 2.1 で再販らしいですよ!


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マズルブレーキは脳汁全開 [ミリタリー]

ぉ、またこのまま直帰?

なんか直帰すると写真撮りたくなるのか分かりませんが、タナカワークス M60(Ver2)&M629PC・CH

またまたチョコっとだけお先にどうぞ。相変わらず週末にレビューする予定です。
箱出しから結構なほど磨きを入れているので反射が眩しい。

DSCN6618.jpg
パイソン行く前に WA のゴールドカップのレビューが先かも知れません。

ステンレスリボルバーのグリップにはパックマイヤーかつ、
フィンガーチャネルでバックストラップが隠れるタイプがジャスティス。
そろそろ WA2000 も来るはずなので、にわかに盛り上がって参りました。

読んでいるブログに一件追加です。

kashiyuko さんの A Mind Beside Yourself ?を追加しました。
二式テラでは大変お世話になりました。(勝手に思っているだけだけど)


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー